2010年04月22日

子ども手当の満額支給に慎重論 政府・民主のマニフェスト企画委(産経新聞)

 民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する政府・民主党のマニフェスト企画委員会は22日、同委下部組織の国民生活研究会が、「子ども手当」を平成23年度から満額支給(月額2万6千円)するとした中間報告の是非について協議した。財源面から慎重論が相次ぎ、5月末に予定される最終結論の取りまとめに向け、今後詰めの作業を進める。

 高速道路無料化では、成長・地域戦略研究会が中間報告で「原則無料化」としたが、高速道路の新料金上限制をめぐる政府・与党の検討状況を見守るとして、判断を保留した。「子ども手当」については、財源論のほか、満額支給をしない代わりに、待機児童解消を目指し保育所の充実などを求める意見も出た。

 一方、国民生活研究会の役員会では、「選択的夫婦別姓」の導入問題に対し、「党内でも意見が分かれている」との反対意見があった。

【関連記事】
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ 
子供が死亡した家に「子ども手当」申請書誤送 港区
子ども手当に学割精神を
子ども手当2万円に減額も 民主・玄葉氏
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<愛知5人殺傷>強い怒り、何度も刺す 長男、家族全員に(毎日新聞)
玄米3・6トン、フォークリフトで盗み出す(読売新聞)
火入れ オホーツクに春 北海道小清水(毎日新聞)
仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?(産経新聞)
<児童買春容疑>警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕(毎日新聞)
posted by ハマナカ マサヒコ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。